それぞれの証券会社を比較してみよう

  • 2種類の証券会社の比較

    • 証券会社を比較するときには、まず総合証券とネット証券の二つの種類に分けて考えるのが良いです。
      総合証券というのは、店舗を持って営業をしている従来型のものを指します。

      もともと、株式や債券を買うときには、窓口で担当者に対して注文を出すという方法をとっていたことが多かったです。

      そのため、店舗を持って担当者を配置しているというのが普通だったのです。

      証券会社の比較サイトを見つけることができました。

      この方法は、店舗を持つためのコストや人件費などがかかるために、サービスを提供するために多くの手数料がかかっていたのです。
      インターネットが普及したことによって、ネットで取引ができるようになりました。
      証券会社を比較するときには手数料を重視する人が多いですが、ネット証券はこの点では非常に優れています。インターネット上で取引をするために、店舗も必要ありませんし人件費もほとんどかからないのです。


      ですから、手数料で証券会社を比較すれば、ネット証券は圧倒的に有利だと考えられます。



      では、総合証券にはメリットはないのかというと、そうではありません。
      窓口に営業マンがいることに魅力を感じる人も多くいます。
      例えば、投資の方針に迷ったときに、営業マンに相談するというのは良い方法でしょう。



      あるいは、何か新しい情報がないかどうかを尋ねてみることもできますから、新しい発見もあります。

      このような面を評価して、手数料が高くても総合証券を選んでいる人も多くいて、現在でも総合証券に口座を開設する人は多くいるのです。

  • 証券会社の知っておきたい情報

    • 証券会社の比較をする際には、投資をする本人が行いたい取引を個別に見て判断していかなくてはなりません。証券会社に関しては誤解をしている人も多いですが、一般的な大手の証券会社は株取引だけではなくFXなどのようなインターネットから取引ができる資産運用の手段を手広く投資家に対して提供しています。...

  • 証券会社の納得の知識

    • 証券会社を選ぶとき何を基準にしていますか?手数料の低さという人もあれば、企業規模、ネット証券であることという人、地元密着企業であること、対面であることなど様々で、投資家個人の観点により異なるでしょう。ここからは、株式投資に関してお話していきます。...

  • 証券会社の知識を増やす

    • 証券会社の比較をインターネット証券のみで行っていませんか?インターネット証券は確かに手数料は普通の証券会社よりも格段に低いのですが、投資情報を得るための重要なリソースと言えるでしょうか?とくに地方の証券会社の手数料は高いですが、それだけに地域密着度が高いです。大手に企業と比べても、あまり強気のおすすめをせず、お客さんの資金事情や投資スタイル、個人個人の性格など様々な要素を踏まえて、無理のない投資運用を長期的にサービスとして行う傾向が見られます。...

  • 証券会社の意外な真実

    • 少しでも生活を豊かにするために、老後の蓄えのために、投資を始める人が増えています。一般的に投資と言えば、株式投資などを思い浮かべる人も多いものですが、実際には色々な種類の金融商品が揃っているのです。...

top