証券会社を比較するときに大事な要素とは - それぞれの証券会社を比較してみよう

それぞれの証券会社を比較してみよう

  • 証券会社を比較するときに大事な要素とは

    • 証券会社を選ぶとき何を基準にしていますか?手数料の低さという人もあれば、企業規模、ネット証券であることという人、地元密着企業であること、対面であることなど様々で、投資家個人の観点により異なるでしょう。
      ここからは、株式投資に関してお話していきます。

      証券会社の比較が気になる方はこちらへご来訪下さい。

      株式投資の本来の考え方は、将来的に成長が見込める企業に資金を投入して、その企業を支援し、収益向上となれば配当を受け、さらに株式価値が上がることによって自己が保有する資産を大きくすることです。

      企業が成長するためには設備投資に十分な資金が充てられているかです。
      企業で業績が上がれば株価が上昇し、資産価値が上がることで設備投資に力を入れます。



      企業の成長とともに株価が上がると、株式分割や増資などにより、資産価値は大きくなります。長期的に小口で株を購入すれば、成長する企業の株を保有することで長期的な配当収入が得られることが大きな資産を形成します。

      ただし、途中での株式売却があった場合、その時点で配当収入は断たれます。

      短期売買をする投資家の8割は損をしているという実態があり、長期取引をする投資家の6割以上が資産を増やしているというデータがあります。



      資産を増やす投資家の証券会社を比較するポイントは確かな情報です。


      多くの投資家が手数料の比較や、ネット環境の比較で証券会社を選んでいます。


      地元の中小型企業への投資は地方では珍しくなく、地方の企業の情報は地元密着型の証券会社はしっかりと持っています。


      投資は目先の利益にとらわれないことが大切です。


top